育毛剤の効果を最大限発揮するための使い方をマスターしよう!

当サイトは、これから育毛を始めよう!本格的に髪の毛を生やそう!と思っている人に分かりやすく育毛剤の使い方と注意点をお伝えしていくサイトです。

ネット上にあるあまたのサイトのなかには、育毛剤のおススメラキングや育毛剤を使う際の豆知識など、さまざまな情報がごったになっているサイトがかなり多くあります。

そのようなサイトも確かに価値はあると思いますが、私はかねがね『わかりにくくないか?』というのを疑問に思っていました。

私個人の意見から言わせてもらうと、育毛剤を使う上で本当にしりたいのは、効果のある育毛剤の使い方だと思うんです。

育毛剤って使ってみると分かりますが、人によってはまったく効果がないこともある一方で、めちゃくちゃ顕著な効果を表すこともあるんです。

この違いっていったい何なんでしょうか?育毛剤自体の品質というのも確かに一理ありますが、それ以上に育毛剤の使い方が大きく関係していると思うんです。

当サイトでは、本当に効果のある育毛剤の使い方をレクチャーしていきます。

育毛剤だけではなく食生活やマッサージも重要

これから育毛を始める人にとにかくお伝えしたいのは、育毛剤だけでは髪を生やすことはできないということです。ここのところを勘違いしている人はかなり多いので要注意です。

もちろん、育毛剤というだけあって、育毛剤には育毛効果があります。しかし、それだけで髪の毛が育つほど甘くないんですね。

髪の毛を本気で生やしたいのであれば、食生活の改善やマッサージなどにも本格的に取り組んでいきましょう。

食生活に関しては脂っこいものは極力取らず、野菜中心の生活を心がけることが大切です。

特に、イソフラボンに関しては女性ホルモンと非常に似た効果を示してくれることがわかっていますので、積極的に大豆を摂取するようにするといいでしょう。

その一方で、マッサージというのは頭皮マッサージのことです。髪を健康に育たせるためには、頭皮の血行を良くする必要があります。そのためには頭皮マッサージが欠かせないんですね。

頭皮マッサージのやり方は調べれば色々出てくると思いますが、基本的には指の腹で頭皮をつかむようにもみほぐすことが重要です。

育毛剤はサプリメントと併用することで大きな効果を発揮する

食生活とマッサージ以外にも余裕があればサプリメントを併用することをおすすめします。

私の場合にはサプリメントを併用したことでより大きな効果を実感することができたので、育毛剤を使い始めてからすでに3カ月以上が経過するのになかなか効果を実感できないという場合にはサプリメントを試してみるのもありです。

サプリメントというとノコギリヤシが一般的ですが、実際には他にもたくさんあります。

育毛剤とサプリメントを併用させることの重要性については以下のサイトで詳しく解説されていました。以下、一部引用させていただきます。

育毛剤はあくまでも頭皮に育毛成分を付着させ、 外から吸収させるものです。一方、 サプリメントは口から飲み込むことで、内臓から成分が吸収されていきます。

このように、 外側と内側両方からのアプローチが薄毛を改善する最短最速の対処法なんですね。

ひとくちに育毛サプリといってもいろんな種類や成分があるので、 どれが自分に合っているかを判断する必要があります。 育毛効果があるといわれている成分としては以下のものが有名です。

  • ノコギリヤシ
  • HGP
  • モリンガ
  • ミネラル
  • ビタミン類
  • 各種アミノ酸

これ以外にも色々ありますが、実際に自分が試してみて効果を実感したのはこれくらいです。代表的な育毛成分を含んでいる人気のサプリメントをそれぞれ紹介しておきますので、目的や現状によって選んでみてください。

出典:https://usuge-top.com/

運動は髪を生やすうえで重要なのか?

これはよく議論されることですね。運動が育毛に良い効果を与えてくれるのかどうか?ということです。

これは医学的にも実際によくわかっていないようなのですが、私の経験からするといい効果をもたらしてくれると思います。

理由は分かりませんが、運動をすることで健康的な体になることが一番の理由じゃないか?と思っています。

運動をする前と後では、見違えるほどに体脂肪率も変わりましたし、体重も変化しました。もちろん見た目に関しても大きな変化を自覚しています。

髪の毛というのは本当に複雑で、体の健康をそのまま映しているといってもいいくらいのものです。

身体が健康でなければ髪の毛も抜けるしばさばさになる。一方で、体が健康であれば髪の毛もつややかでコシのある髪の毛になるというものです。

運動を取り入れることで100%髪の毛に良い影響があるかどうかは分かりませんが、しないよりしたほうがいいというのは確かです。